整備士になるためには

自動車整備士を取得する方法

我が国の最近の自動車普及はめざましく、国民生活のあらゆる部門で活躍し、経済発展の原動力となっています。しかし、自動車数の著しい増加は交通事故の多発、公害の発生等を引き起こし、大きな社会問題となっております。そのため、自動車の安全を確保し、公害を防止する自動車整備士の職務はますます重要なものとなっております。
自動車整備士の資格を取得するには国土交通省が実施している自動車整備士の「技能検定試験」(以下検定試験という)を受けなければなりません。(詳しくは国土交通省のホームページをご覧ください。)
ただし、次の場合には、検定試験の学科試験または実技試験が免除されます。

1.国土交通大臣が別に定めた試験『社団法人日本自動車整備振興会連合会が実施している「自動車整備技能登録試験」(以下登録試験という)』に合格すると下記の検定試験が免除されます。

登録試験の学科試験に合格・・・検定試験の学科が免除
登録試験の実技試験に合格・・・検定試験の実技が免除

2.国土交通大臣が指定した養成施設の課程を修了した者は、技能検定の実技試験が免除されます

検定試験と登録試験の関係

登録試験の種類

一級小型自動車 二級2輪自動車 三級2輪自動車
二級ガソリン自動車 三級自動車シャシ 自動車タイヤ(現在、実施しておりません)
二級ジーゼル自動車 三級自動車ガソリン・エンジン 自動車電気装置
二級自動車シャシ 三級自動車ジーゼル・エンジン 自動車車体

実務経験と受験資格の関係



Copyright(C)  一般社団法人岩手県自動車整備振興会 . All Rights Reserved.